自宅の浸水対策には土のうを活用しましょう

作業員

水の堰き止め対策の必需品

土のう袋

工事現場での必要性

土のう袋は、中に山砂などが入った大きな袋を言い、災害や工事現場にて水の堰き止めとして使われています。よくあるのが河川の氾濫で床下浸水が起きそうなときに役立ちますが、修復作業をする工事現場でも土のう袋は欠かせません。現場の修復中に、川の水や雨水が侵入してしまうと作業も進まないため、安全かつ効率性を求めて対策が取られます。この土のう袋にもいろいろと種類があり、水分をたくさん吸収する吸水ポリマーが効果がとても大きいです。水分を吸収するとその量から大きく膨れるので、大きさや高さが必要なときはちょうどいい性質を持ちます。土のう袋を積み上げれば、被害が最小限に抑えられる可能性もあります。土のう袋の対策は大掛かりな作業にはならず、不安定な場所に置いたり積み上げるだけで済むので手間がかかりません。

何度でも再利用ができる

土のう袋は現場で使用した後は、陽射しのあるところで乾かしておけば再利用することができます。しばらくの間乾かしておく必要はありますが、捨てずに何度でも使用ができるので使い勝手がいいです。乾いた後は、小さな土のう袋であれば倉庫などにしまっておくことができます。大きいものは外に置いておいてもいいのですが、雨が降ったときのために、屋根がある所に置いておいたほうがいいでしょう。土のう袋を乾かしておけば、水分が抜け出るために重量が軽くなります。水分を吸った土のう袋はかなり重くなってしまうので、移動させるのは大変です。いざというときのためにすぐに持ち運びができるように、その都度乾かしておくのがおすすめです。水分を吸った土のう袋は10kg以上の増量があり、乾かせばそれが1kg以下になるものもあるので移動が楽になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加