自宅の浸水対策には土のうを活用しましょう

作業員

足場を覆うシート

建設

シートを付けると良い

足場は建物や構造物を作る時や修繕などを行う際に安全に作業を行うために必要なものです。現在では足場を使わないで作業をするといった光景はほぼ見られませんが、さらに安全性を高めることや周辺に与える作業によって発生する悪影響を抑えるものとしては足場シートがあります。足場シートを付けることで作業によって発生する騒音や粉塵などを周囲に撒き散らすことを防ぐことができ、また外から入り込んでくる風を抑えることで作業時の安全性を確保することができます。現在の足場では、ほぼすべての分野で足場シートが用いられており、さまざまな素材のシートが足場シートとして使われており、今では建設の現場にとって欠かせない道具となっています。

シートの種類

足場シートの種類としては主にメッシュシートが使われています。昔に使われていた作業用シートは帆布で作られており頑丈なものでしたが、非常に重たく足場シートとしては不適切なものでしたが、耐久性の強いメッシュ状のシートが登場して以降は足場シートとして広く使われています。足場シートの違いとしてはメッシュの編み方などがあります。一般的な足場シートでは均等な格子状に編まれていますが軽量化したものでは斜めに編み込むなどの違いがあります。また特殊繊維を使ったものもありより耐候性に優れたものもあります。一方で足場シートの多くは防炎性を持たせてあるので火災が発生した場合の被害を最小限に防ぐといった効果も期待できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加